スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドタキャンはやめて 

昼間、「今晩いい?」て聞いたら
「うん、大丈夫。」
そんなん当然期待するじゃない。
夜になり子ども寝かしつけ、妻がベッドに入るのを待って『いざ』で、「疲れて眠い。」は無いでしょ!
怒って当たり前やん!!!
スポンサーサイト
[ 2006/11/20 09:58 ] セックスレス | TB(0) | CM(0)

温度差 

タイトルは体温のことじゃなく、お互いのセックスに対する考え方のこと。

ラブホツアーの翌日は幸せな空気が流れていた我が家ですが、2日?くらいかな良かったのは・・・。
その後は、やはり日々の生活に押し流されてか、妻の態度がなんか尖がっている。。。
子供に対してもキツイ。(-_-;)
こちらが夫婦の時間(夜の行為だけでなく)を持とうと、早く家事を片付けて「一緒にDVD見よう。」「お酒のもう。」と誘っても、疲れた態度でダラダラ。

当然のごとく、こちらとしては“その後”のことを期待して誘っているんですが、たとえそれがなくても二人の時間を作ろうと妻が寝室に来るまで待っているんですが(いつも私より遅い)、こちらがパソコンをいじってて『さあ』と言う前に、さっさと寝てる始末。
パソコンをいじってたのが悪かったのかと、次は妻が来るタイミングを見計らって、さきにお酒を飲んでても、自分のグラスを持ってくることもなく寝てる。(悲)

若い頃は、睡眠欲より性欲でしたが、今はもちろん睡眠欲ですよ。
でも、眠いのを無理してでも夫婦の時間を作ろうとしてるのに、妻にとっては何よりも寝ることが優先してるみたいです。
わかりますがー。
やはり子育て最盛期にはしょうがない事なんですかね。
男は、父から夫にすぐなれますが、女は母から妻には簡単になれないような。
ブログを見てると、レスを克服された夫婦ほどラブラブ感が強く幸せなように見受けられます。
レスの後の幸せのためには、ここは我慢のしどころなのかもですが、さびしい。
[ 2006/03/12 00:08 ] セックスレス | TB(0) | CM(9)

ラブホツアー その翌日 

ラブホへ行った翌朝は、いつものごとくバタバタ。
でも、妻が子供を叱りつけてる様子はソフトに。
雰囲気もまるく。
いつものギスギス感がありませんでした。

また行こうと思ったのは当然です。
ホテルどうのこうより、二人だけの時間を作れたのが良かったと。
まあ、その前後は大変ですが。

ねねんさんりぼんさんの記事に感化され、同じようなネタで書かせていただきました。m(__)m
[ 2006/03/08 20:34 ] セックスレス | TB(0) | CM(4)

ラブホツアー 2 

プチレス状態の我が夫婦ですから、「ラブホテルへ行こうと言っても妻の口から「うんなんて言葉が返ってくることは考えられません。
ましてや実家に子供を預けるとなると・・・。

まずは実家の両親の承諾を得ました。
それから妻に「○日、子供たち預かってって言ってきたから、2人で食事に出かけよう。」
なかなか2人だけでゆっくり食事になんて出かけられませんから、これには妻も了解。
ただ、返事は乗り気でもないような。

当日、いろんな都合上へ平日だったわけですが、仕事が早めに終わった私は子供たちを風呂へ入れ、妻は子供たちの食事の用意。
やはり、何もかも両親に任せるというわけにはいかないようで、あとは寝かせたら良いだけの準備を整えて実家の両親に。
その間、時間はどんどん過ぎていくわけで、翌日は子供は学校へ行かなくては、帰ってくるのが遅くなるわけには・・・。
食事の後の策略と言うか下心というかがある私は焦ってましたが、「早くしろよ!」なんて言ってしまったら全て台無しになるので我慢我慢。
出かけ間際に妻に「一応、替えの下着持っていったら?」と軽くフリを。(^^ゞ
「なんで?ご飯食べるだけでしょ?」
とかわされてしまいましたが、潜在意識にはインプット。(^_-)-☆

ようやく食事の席に着いたのは7時半。
初めての店で、ちょおっと小粋な居酒屋さん。
正直、この時点で“食事その後”は諦め半分。
2人ともお酒は好きなんで、ゆっくり飲んでたらラブホへ行く時間なんてなくなるな、と。
でも、久しぶりに夫婦だけで外でお酒を飲むいう時間を楽しんでました。



食事の時間となりました、続きは後ほど。
[ 2006/03/07 18:28 ] セックスレス | TB(0) | CM(0)

余裕、、、ゆとりが必要 

今の我が妻私たち夫婦には余裕がないです。

まずは時間の余裕がない。
育ち盛りの子供3人も居れば、日々の時間はあっという間に過ぎ去っていきます。
毎日、消化しなくいちゃいけないことが山積で。
子供が1人の時は、まだ余裕があった(今思えば)でしょうが、2人・3人となり、また年齢と共に私の仕事上の責任にも増してきて、子育てにかこつけて遅刻したりサボったり(苦笑)はできない立場となりました。

次に身体の余裕がない。
やはり子育てには体力が必要です。
結婚するなら若いうちが良いです。
そして子供は早くに作ったほうが良いです。
上はやんちゃ盛り、下はまだ手がかかる状態ですから、毎日ハードです。
私は晩婚でしたので、仕事から疲れて帰ってきて子供の相手、それに疲れた顔の妻を見れば家事も手伝ってやらなければ・・・。

そして、心のゆとりがない。
そんな状態の我が家ですから、言うことを聞かない子供の世話に追われ、妻のストレスが溜まるのは理解できます。
できるだけ家事育児をを手伝うのが良い旦那さな。
最初の子の時は、寝てる妻の横で泣いてる我が子を抱いて朝まで立ってあやして、そのまま寝ずに仕事へ言ったこともありました。
でも、それはまだ体力があったころのお話。
妻と子供たちへの責任を果たすためには、仕事を責任持ってこなさくてはなりません。
必然的に頭の中の仕事の占める割合が増えてきます。

恋愛時代、お互いが会いたくて会ってる時は、そのことだけを考えていればよかったんです。
たとえ喧嘩になろうとも、心に占めるのは相手のこと。
恋は盲目。仕事のことなんて頭にありません。私もそうでした。
セックスは好きでしたが、会うたびにするってことはなかったです。
それは、いつでも出来るという余裕があったからでしょうね。
[ 2006/03/05 00:02 ] セックスレス | TB(0) | CM(0)

30させごろ40しごろ 

↑てなことを私のところでは古くから言い伝えられています。(ウソウソ)
私ンとこだけかもしれませんが、こんなこと言ってるのはホント。

“30させ頃40し頃”
あー解説しますと、これは女性の年齢とセックスの関係のことなんです。
女性も30歳になるとセックスさせる(相手に)には適した頃、40歳になるとセックスする(女性が)に適した頃、と言う様な意味でして。
どーなんですか。
やはり車も慣らし運転(一緒にしちゃ怒られますね)が必要なように、ある程度こなれてきた方がよくなるんでしょうか。(相手も自分も)
女性の身体の開発には時間が掛かるってことでしょうか。(個人差もありますが)
これって人生の経験も含まれるんかな。。。
身体だけのこといや、そりゃ若くてぴちぴちが。(爆)

私の先輩に、結婚してから二日に一回の割合で夫婦の夜の生活を続けておられる好き物愛妻家?の方がおられますが。
その方によれば、3人目の子供産んでから奥様の感度がアップしたとか。
それ聞いてたんで、3人目が生まれた後のセックスは期待したんですが、なーんも変わりません。
やはり回数を踏まないとダメなんでしょうかねぇ。
しかし、それだと我が家のペースではとても到達できません。
あ、笑いにもっていこうとしてる。(-_-;)
[ 2006/02/22 23:52 ] セックスレス | TB(0) | CM(3)

誘うのはどちらから? 

レスされてる方にとって、夜、誘うのは勇気いります。
“お伺い”(笑)たてて拒絶されると、ホント惨めな気持ちになります。
その惨めな気持ちを味わうのが嫌で誘う回数を減らすと、ますますレスになってしまい悪循環です。
私もだんだん知恵がついてきて(苦笑)、雰囲気・様子から『今夜はいけそう』という日に誘うようになりましたね。
↑のような惨めな気持ちは味わわなくてよいですが、子供が母親の顔色を窺っているようで、ちょっと情けなかったりもしますが。(^^ゞ

ところで、きささんのところや他のレスされてる側の女性のブログを読むと、女性の側から誘っておられるんですよね。
セックスレスのブログを見てまわるようになるまで、レスされてるのはほとんど男性だと思っていました。
私はレスされてる側ですので、レスしてる男性の気持ちは全然解りません。
だって女性の方から誘ってくれてる訳でしょ?
もったいない。
私んとこは、結婚して10年がすぎました。結婚前、3年間付き合っておりました。
その間、妻から誘ってきたことは一度もありません!
んー、誘ってくれたなら絶対に断らないのに。
あ、それならレスなんて経験しませんよね。(^^ゞ
[ 2005/04/29 01:15 ] セックスレス | TB(0) | CM(6)

ダンナがしたいときはさせろっ! 

↑こう思っておりました。
結婚した以上、夫の要求を拒むものではない、妻の務めだ
女性に総スカンを喰らいそうですが、古い年代の方ほどそう思っておられるのではないのでしょうか。

セックスは、今でこそ女性にも積極的(?)な方が居られますが、男性主体です。
男性が勃起しないとできないし、射精してしまえば終わりです。
受身の側の女性は、肉体的にはいつも(生理は除いて)できる状態な訳です。(濡れる濡れないは置いといて)
なのに、お互いが承知の上で夫婦になったのに、なんでダンナが求めているのに拒むのか!?と思ってしまうわけです。

だんなさんが要求すればそれに応じるもの、という考えが、私は怖い。
それとも奥さんの役割とは奥さんの気持ちを無視して(犠牲にして)でも応じなくちゃいけないのかな、困るなと、私個人的には、思うのですが


yuzuさんからのコメントです。
ほんと、そのとおりで。
奥さんの気持ち、人格・人権を無視しています。
けど、拒まれたら、ダンナの方も人格を否定されたように思ってしまうんです。
その辺は、山口薫さんとこ「性欲 そのいち」「性欲 そのに」を読んで頂けたらと思います。
山口薫さんほど、精力絶倫な方はそうはおられないでしょうが、同感を覚える男性は多いと思います。私もそうです。

二人目が生まれた後、上の子が幼稚園でお弁当を作らなきゃならない、反抗期もあり、下の子の育児等のイライラが募り、妻が育児ノイローゼ気味になったときがありました。
当然、セックスはレス。
こちらも仕事に責任感が出てきて、子供が二人になったこともあり、頑張っていたのに、帰宅すれば上の子を叱り付け、イライラしてる妻の姿。
仕事で疲れてるのに、家庭でもストレスが溜まりテンパッテいました。
そんな時、ある飲み会の席で、人生の先輩が「わしがしたい時は、嫁を殴りつけてでもした。」と言い放ったのです。
これを読んだ方は、『封建時代の話!?』『最低・傲慢』と思ったでしょう。
私もそう思います。
しかし、その時の私には、その先輩が英雄に見えました。
そうや、ダンナの相手をするのは嫁の義務・務めや

数日しての夜。
妻の体に触れると、当然のように拒絶。
それまでなら、怒りながらも背を向けて寝ていたんですが、その日は違いました。
さすがに殴ってまでとはなかったものの、かなり強引に行為に持っていきました。

男にはレイプ願望が多少なりともあると思うんです。
ですから、AVにはレイプものあるし。
でも、誤解なきよう、それは、「いや~やめて」「こらっ、おとなしくせんかい」「お願い、やめてっ」「うるさい、ほれ身体は正直だわい」「い、いや、あ、あん、あん」「けっ、淫乱女め」「あっ、あ~いくっー!」 と安っぽいAVそのまんまのことでして。(^^ゞ

脱線しました。
↑のような行為になると、こちちらも相手も(少なくてもこちらは)興奮すると思っていました。
が、そんなことはなかったです。
妻は抵抗しながらも受け入れてる状態。私もセックスしていながら全然気持ちよくない。
愛のないセックスは虚しいだけです。そこには愛は存在していませんでした。
夫婦間では、義理でセックスすることもあるでしょう。でも、そこには夫だから妻だから仕方ないか、と愛は存在します。
セックス中、泣きそうになりました。
でも、そこでやめれない自分が悲しい、情けない。
一応、果てて妻から離れて、自己嫌悪に陥りました。

これ以降、力づくでのセックスはしておりません。
それどころか、こちらからお伺いするように・・・。
「今晩、いたしたいんですが、いかがでしょうか?」みたいな~。(^^ゞ


[ 2005/04/27 01:42 ] セックスレス | TB(0) | CM(4)

「そんなことばっかり考えてるの?」 

妻によく言われました。(ます)
でも、そなんです、男は。(私だけではないはず)
“したい”時は、朝からそればっか。(^^ゞ
仕事してるときも、『今夜は・・・』と考えてしまいます。

これはオスの性衝動なんでしょうね。
精子が作られ溜まってくると、出したい欲求に駆られます。
これは健康な男なら当たり前のことで自然なんです。
私の中学時代なんか、授業中に勃起してしまい、どうしようもないことありました。
よく先生かなんかが、「そういう気持ちはスポーツして発散しろ。」とか言ってましたが、それとは別です。かえって疲れた時とかの方がギンギンなんてのはよくあることです。
ですから、マスターベーションはごく普通のことです。理性で押さえられるものではないです、特に若い時は。

だからと言って、排出の処理・マスターベーションの代わりにセックスを求めるわけではありません。
人間は動物ではありません。感情があります。
肉体的に満たされるだけでなく、精神的にも持たされたい。
だから、心を許せる相手に求めるんです。

「そんなことばっかり考えてるの?」
と妻に言われると、「そうや。」と答えます。
まあ、正直なんですが、相手の状態考えずに「しよう。しよう。」と朝や昼から言われたんじゃ、雰囲気もへったくれもあったもんじゃないですよね。
書きながら反省してます。(^^ゞ
でも、“したい”状態の時、勝手に『今夜するぞ!』と決めつけて、いざ拒まれた時は、怒りも湧きますし、かなり落ち込みますね。
[ 2005/04/22 23:39 ] セックスレス | TB(0) | CM(4)

相手の側にたって考えたい・・・ 

私には子供が3人おりますが、妻が妊娠期間中+授乳期はレスされてました。
妻にとっては、その時は母であり女ではなかったのでしょう。
でも、男の性衝動は暴力的であり、どうしても“なんでさせてくれないのか”となってしまいます。
一番上の子の時は、私も今より若かったせいもあり、かなり辛かったです。
一番下の子になると、枯れてきた(笑)慣れてきた?せいで、以前ほどでもないですが、やはり辛いですね。

私は、家事・育児には協力している方だと思います。
年齢ともに仕事にも責任が出てきて、疲れて帰ってきても頑張っていたと自負しております。
それなのにレスされた日は、なんでこれだけしてやってるのに!
これは、いけないですね。
相手の側に立ち考えることが出来れば、喧嘩なんて起こらないんですが、それは難しいです。
でも、少しでもそう考えることできればお互いが良い関係でいられると思うんです。
って、えらそうに書いてますが、みなみさんのブログを読んで、レスしてる側も辛いんだと気づかされてからなんですが。(^^ゞ

そのみなみさんのブログのなかに

家族が仲良くできれば男と女じゃなくてもいいんじゃないの?
かわいい子ども達がいて、お互い信頼できる関係ならばそれで。


との文がありました。

夫婦にいろんなパターンがあります。
どんな形であれ、お互いが幸せなれそれで良いです。
セックスが無い夫婦でも否定はしません。
でも、片方が求めているのにレスされている、したくないけど仕方なく受け入れている、それは不幸です。
これは悲しい。セックスは会話と同じように大事と考える私にとっては。

また、みなみさんは次のようにも書かれてしました。

でもよく考えてみてよ。
セックスなんて単に穴の中に突っ込んでそれでおしまいでしょ
一日中できるわけでもないじゃない


これも悲しい。
愛のないセックスなんて虚しいだけです。
それなら、相手は誰でもいいことになって今います。
私はレスされてる時、妻によく言いました。
「お前とだからしたいんだ。」と。
↑に書いたように、男はどうしても“したい”が先に立ちます。
これは男女の生理現象の差ですから、いかんともしがたい。
でも、それは決して“したい”だけではないんです。
愛してるからこそ“したい”んです。


[ 2005/04/21 10:12 ] セックスレス | TB(2) | CM(3)
プロフィール

ミルトン

  • Author:ミルトン
  • 結婚して10年。
    長女、長男、次女の子宝に恵まれ、仕事と子育てに追われる日々。
    しかし、いつまでたっても男と女。
    心の繋がり身体の繋がり、両方とも大事と考えています。
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。