スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラブホツアー 2 

プチレス状態の我が夫婦ですから、「ラブホテルへ行こうと言っても妻の口から「うんなんて言葉が返ってくることは考えられません。
ましてや実家に子供を預けるとなると・・・。

まずは実家の両親の承諾を得ました。
それから妻に「○日、子供たち預かってって言ってきたから、2人で食事に出かけよう。」
なかなか2人だけでゆっくり食事になんて出かけられませんから、これには妻も了解。
ただ、返事は乗り気でもないような。

当日、いろんな都合上へ平日だったわけですが、仕事が早めに終わった私は子供たちを風呂へ入れ、妻は子供たちの食事の用意。
やはり、何もかも両親に任せるというわけにはいかないようで、あとは寝かせたら良いだけの準備を整えて実家の両親に。
その間、時間はどんどん過ぎていくわけで、翌日は子供は学校へ行かなくては、帰ってくるのが遅くなるわけには・・・。
食事の後の策略と言うか下心というかがある私は焦ってましたが、「早くしろよ!」なんて言ってしまったら全て台無しになるので我慢我慢。
出かけ間際に妻に「一応、替えの下着持っていったら?」と軽くフリを。(^^ゞ
「なんで?ご飯食べるだけでしょ?」
とかわされてしまいましたが、潜在意識にはインプット。(^_-)-☆

ようやく食事の席に着いたのは7時半。
初めての店で、ちょおっと小粋な居酒屋さん。
正直、この時点で“食事その後”は諦め半分。
2人ともお酒は好きなんで、ゆっくり飲んでたらラブホへ行く時間なんてなくなるな、と。
でも、久しぶりに夫婦だけで外でお酒を飲むいう時間を楽しんでました。



食事の時間となりました、続きは後ほど。
スポンサーサイト

[ 2006/03/07 18:28 ] セックスレス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミルトン

  • Author:ミルトン
  • 結婚して10年。
    長女、長男、次女の子宝に恵まれ、仕事と子育てに追われる日々。
    しかし、いつまでたっても男と女。
    心の繋がり身体の繋がり、両方とも大事と考えています。
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。